環境に関してはCentOS5.3にて

Railsで何かを作成した際、ウェブ上からアクセスできるようにするためには一般的にMongrelを起動する必要がある。
いわゆる
[code]
ruby script/server
[/code]
だ。

ただこれをこのままやってしまうと使用したコンソールが塞がってしまうので、あまりよろしくない。
ので、
[code]
ruby script/server -d
[/code]
と-dオプションをつけることによりデーモン化することができる。これによりコンソールが操作可能となる。

さて、その後なんらかの理由でMongrelをシャットダウンしたくなったとき、killコマンドを使うのがよい。
しかしpsコマンドを打ってもmongerlプロセスがない。よし、再起動だ!ではさすがにアレ過ぎるので、
やり方を紹介。
[code]
ps ax | grep ruby
[/code]
と入力すると、起動しているMongrelが表示される。大体こんな感じ
[code]
2721 ? Sl 0:31 /usr/bin/ruby /usr/bin/mongrel_rails start -p 3000 -a 0.0.0.0 -e development -P /var/redmine/tmp/pids/mongrel.pid -d
[/code]
この最初に表示されるのがプロセスIDなので、これの場合だったら
[code]
kill 2721
[/code]
とすれば、再起動せずともMongrelのみを停止させることができる。